ボトックス注射を腋臭の治療のためにする

ボトックス注射を腋臭の治療のためにするという選択肢についての紹介です。
ワキガを治す手段には、ボトックス注射という方法があります。
ボトックス注射はボツリヌス菌の毒をかなり希釈したものであって、皮膚に直接に注射することによって皮膚の汗腺の働きを抑える事が出来ますから、アポクリン腺からの汗の分泌量を減らし、腋臭の臭いを防ぐことが可能です。
重度の腋臭でもない限りは基本的に効果があり、臭いもほとんど出ませんので、効果がある間は臭いがなくなるので、デオドラントなどでの小まめなケアは必要ありません。

ただし、ボトックス注射についてはその効果が永続的なものではなく、効果があってもおおよそ半年くらいが限度です。
ですので、永続的なワキガの治療には向かず、あくまで一時的にわきがの匂いを治すだけです。
また、治療費も数万円単位でするというのがザラですので、ワキガを予防する効果が切れたらまたボトックス注射をして治療をするというのも結構ネックな商品となっています。
ワキガの手術などをするのが嫌で、お金に余裕があるのであれば、この方法は使えるのではないでしょうか。

脇にパウダーを塗るだけで臭いを抑えられるって本当かな